production.log

ピクスタ株式会社でエンジニアのマネージャーをやっている星直史のブログです。

Re:dashでデータソースとしてMysqlを追加する

saitou.hatenablog.com 前回の記事でRe:dashを使えるようにしましたので、今回はDataSourceとしてMySQLを追加してみます。

1. ログインする 初期ユーザーのログインidとpassは下記の通りです。 ID: admin PASS: admin

2. 画面右上のDBマークをクリックする

f:id:watasihasitujidesu:20160814123142p:plain

3. New DataSourceをクリック

f:id:watasihasitujidesu:20160814123151p:plain

4. 項目を埋めていく

f:id:watasihasitujidesu:20160814123204p:plain

5. DBが作成されたことを確認

f:id:watasihasitujidesu:20160814123155p:plain

6. クエリを実行してみる http://作成したインスタンスのIP/queries/new 上記にアクセスし、DataSourceを作成したDBを選択すると、 画面左側にスキーマ情報が表示されました。 スキーマが表示されれば接続自体できていますので、クエリを作成-実行してみてください。

f:id:watasihasitujidesu:20160814123206p:plain

Re:dashはスキーマを確認できるだけではなく、クエリの整形や、 グラフのpngダウンロード, 数値のCSV, Excelダウンロードまでサポートしています。

また、作成したグラフは範囲を指定することで、特定の日付に絞り込んだりすることができるので、 いちから自分で画面を作るより、だいぶ楽です。