読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

production.log

ピクスタ株式会社でエンジニアのマネージャーをやっている星直史のブログです。

データ可視化, 共有プラットフォームとして人気のRe:dashをAWS EC2で試してみるまでの手順

うちの会社では

ということが数多くあります。

正直Railsで実装するとなると、viewまで書かなければならなくしんどいのと、 GAからデータ取得し、スプレッドシートに貼り付けという作業をdailyでやり続けるめんどくささがありました。

これらの作業を自動で取得からグラフ作成できる良いツールはないかと探していたところ、 Re:dashと言われるデータ可視化, 共有プラットフォームツールがあるということで、試してみました。

今回はAWS EC2を使用してログインするところまでの手順を書こうと思います。

Re:dashとは

Re:dashとは、DataSource*1*2にクエリを投げ、返って来た結果を簡単にグラフ化、共有、ダッシュボードに登録することで、
データ可視化や共有プラットフォームとして機能することが期待できるツールです。 また、クエリは定期実行*3させたり、クエリをForkして使いまわせたりできます。 データやグラフについても、CSV, ExcelでDLや、iframeでhtmlに組み込み、png画像としてDLできたりします。

f:id:watasihasitujidesu:20160814120841p:plain

AWS EC2で試す手順

  1. AMIを使用する。 AWSで試すのであれば、AMIを使用するのが、最速です。 リージョンが東京*4であればami-b30ec9d2というAMIIDですぐに環境を立ち上げることができます。

f:id:watasihasitujidesu:20160814120845p:plain

  1. セキュリティグループの設定 Re:dashの操作方法は2種類あります。
  2. Webからアクセスして操作する方法
  3. ssh接続して操作する方法

なので、セキュリティグループで22(ssh), 80(http), 443(https)を開けておく必要があります。 また、AMIのOSはubuntuですので、ssh接続する際のユーザーはubuntuを指定する必要があります*5
ssh -i ~/.ssh/public.key ubuntu@ip-adress

  1. ログインしてみる
  2. で作成したインスタンスのIPにアクセスしてみましょう。
    アクセスするとIDとPASSを入力するフォームがあるので、
    初期ユーザの
    ID: admin
    PASS: admin
    でログインできるはずです。

AWS EC2のAMIを使用すれば、少しの時間でRe:dashを使えるようになります。
AWS以外にも

  • Google Compute Engine
  • Docker Compose
  • Heroku
  • apt-get などサポートしているので、初期導入までは比較的容易に済みそうです。

*1:MySQL, PostgreSQL, TDなど

*2:Google SpreadSheetも含まれるのでDataSourceと表記しました

*3:毎分, 時, 週, 月など

*4:ap-northeast-1

*5:普段ubuntuを触らないので、ssh接続するのに小一時間くらいハマりました