production.log

ピクスタ株式会社で開発部の部長をやっている星直史のブログです。

神奈川県は湯河原温泉 元湯旅館 光陽館に行ってきました

現在ピクスタ株式会社とスナップマート株式会社の両方に携わっているのですが、6/21(金)~22(土)にスナップマートの合宿が湯河原で行われました。
湯河原は9年前に訪れた記憶があるのですが、その時は温泉にさして興味はなかったので、今回は本気で臨むことにしました。 また、会社の合宿のため、前泊(木曜日に退勤して早めに現地入り)をしました。

前泊

小田原城

温泉にきたら、その地域のグルメはしっかり楽しみたいので、小田原で腹ごしらえをしてから湯河原に行くことにしました。 少し到着が早かったので、小田原城を経由しました。

小田原城天守閣

城っていいですね、パワーを感じます。

石垣を囲っているお堀的なところ。 写真で見るよりだいぶ広く感じました。

以前、会社のお局さんから、「小田原の甲冑体験は楽しかった」と小耳に挟んでいたので、体験しに行こうとしたのですが、到着したのが18時過ぎだったので、既に閉店していました。 手裏剣体験もあったのですが、甲冑と同様に閉店していました。 次回はリベンジしたいです。

小田原おでん

小田原といえば、梅味噌で食べるおでんでしょ〜!
ってことで、小田原おでん本店に着ました。 小田原おでん本店

店構えからして良さげな雰囲気です。 まずは、地ビールをいただきます。

地ビール

生ビールも良いのですが、キンと冷えた瓶ビールをグラスに注いで飲むのも趣があって良いですよね。 おでんはコースもあるのですが、今回はアラカルトから頼んで行くことにしました。

おでんたち

小田原おでんは、小田原の各練り物屋さんから集めたものをおでんにしているので、メニューの数が非常に多いです。 また、オリジナルおでんを作っていて、おでんコンテストにも受賞されているようなので、良い意味で一度の来店だけでは楽しみきれませんでした。

ビールのお次は日本酒です。
この日は気温がやや高かったので、冷でいただきます。 日本酒と共に、酒盗も頼みました。

日本酒と肴

1杯に止めるつもりだったのですが、酒盗に見事やられてしまい、オリジナル日本酒も頼んでしまいました。
まぁ、いっか。

元湯旅館 光陽館

泊まる場所は元湯旅館 光陽館です。 こちらは、レイトチェックインなるものがあり、22時までチェックイン可能です。

湯河原駅には手湯がありました。
手湯を見かけるのは別府以来だったので浸かっておきます。

湯河原駅の手湯

そして、宿につきました。 露天風呂があったのですが、来るのが遅過ぎて清掃に入ってしまいました。完全に失策です...。 部屋は8畳間でこじんまりした感じです。ついたら既に布団が敷かれていました。

くちゃくちゃな苗字

宿泊客が他にいなかったらしく、内湯は貸切状態でした! 湯河原はナトリウム・カルシウム- 塩化物・硫酸塩泉弱アルカリ性 低張性 高温泉なので、無色透明無臭です。
湯河原温泉は通称美肌の湯とも呼ばれています。
弱アルカリ性低張性なので肌当たりがよく、湯あたりしにくいです。また、硫酸塩泉は保湿効果があるので、美肌の湯と呼ばれる理由にも納得です。

お風呂上がりの晩酌をして今日は就寝。 f:id:watasihasitujidesu:20190620224321j:plain

宿は、川の隣なので、川の音で目覚めました。 f:id:watasihasitujidesu:20190621095608j:plain

朝食付きのプランだったので、7時30分に強制起床。 しっかりした朝食を食べるのは久しぶりでした。 アジの干物が嬉しいですね。
f:id:watasihasitujidesu:20190621074101j:plain

平日1泊朝食付きで7,500円くらいでした。 f:id:watasihasitujidesu:20190621095955j:plain

合宿1日目

こごめの湯で朝風呂

合宿の集合時間は11時に元湯旅館 光陽館近くの宿だったので、9時くらいにチェックアウトして、近くの日帰り温泉 こごめの湯で朝風呂をします。

kogomenoyu.com

急な坂を登って...

f:id:watasihasitujidesu:20190621100303j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190621100327j:plain

紫陽花とか赤い橋を見て...

f:id:watasihasitujidesu:20190621100143j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190621100118j:plain

到着!
f:id:watasihasitujidesu:20190621100454j:plain

こごめの湯は、内湯と露天風呂に分かれているんですが、特に露天風呂はガッツリ塩素臭がしたので、早めに撤退...。 内湯の方が強い塩素臭はしませんでしたが、がっかり...。

早めに上がって、休憩スペースで涼むことにしました。 f:id:watasihasitujidesu:20190621105120j:plain
こごめの湯は高台にあるのですが、休憩スペースからの眺めはよかったです。 湯河原の街を一望...とまではいいませんが、開放感のある景色を見ながらゆっくりできました。

そして合宿へ...。

合宿2日目

独歩の湯で足湯

2日目の合宿が終わり、せっかく湯河原にきているので、独歩の湯に行くことにしました。

www.town.yugawara.kanagawa.jp

独歩の湯は9つの足湯から構成されています。

f:id:watasihasitujidesu:20190622161628j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190622164255j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190622164302j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190622165439j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190622173501j:plain

一つ一つの足湯は、刺激するツボの場所や、種類、温度が異なります。 日本最大級の足湯しせつのことでしたが、意外にこじんまりとしていました。

帰りに紫陽花撮影会
f:id:watasihasitujidesu:20190622174913j:plain

f:id:watasihasitujidesu:20190622174839j:plainf:id:watasihasitujidesu:20190622174912j:plain

一人お疲れ様でした会

なんだかんだ合宿は疲れたので、しあわせ中華そば食堂にこりにに来ました。

f:id:watasihasitujidesu:20190622181534j:plain nikori.iidashouten.com

こちらのお店は、飯田商店という超有名店と経営者が同じなので、味も期待できます。

まずはホルモン焼きで乾杯
f:id:watasihasitujidesu:20190622182307j:plain

そして、〆にラーメン
f:id:watasihasitujidesu:20190622185833j:plain

〆ありきの晩酌は良いですね。ラーメンはもちろん美味しかったです。