読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

production.log

ピクスタ株式会社でエンジニアのマネージャーをやっている星直史のブログです。

Googleスプレッドシートの値をRe:dashに取り込む

Re:dashではDataSourceにGoogleスプレッドシートを指定することができます。 Googleスプレッドシートからデータを取り込む場合、 GoogleAPIConsoleからAPI Keyを発行するなど、手順が多かったので、今回の記事でまとめようと思います。

1. GoogleAPIConsoleにアクセス

2. 新規プロジェクト作成 Re:dash用のプロジェクトを作成します。 f:id:watasihasitujidesu:20160814130146p:plain

3. API Keyを作成

  • 画面左のサイドナビより認証情報をクリック f:id:watasihasitujidesu:20160814130147p:plain

  • 認証情報を作成 > サービス アカウントキーを選択 f:id:watasihasitujidesu:20160814130145p:plain

  • サービスアカウント種別を新しいサービスアカウントを選択し、各項目を入力。キーのタイプはJSONを選択 f:id:watasihasitujidesu:20160814130148p:plain

  • 画面左のサイドナビよりダッシュボードをクリック > APIを有効にするをクリック f:id:watasihasitujidesu:20160814130142p:plain

  • 検索フォームに"Drive"と入力すると出てくるGoogle Drive APIを選択 f:id:watasihasitujidesu:20160814130143p:plain

  • 有効にする をクリック f:id:watasihasitujidesu:20160814130144p:plain

これで、Googleスプレッドシートを操作するAPIキーの取得と、APIの有効化が終わりました。

4. Googleスプレッドシートで、APIと連携

  • API Keyを作成する過程で、秘密鍵jsonとしてDLできたはずです。このjsonファイルにemailが記載されているので、それをコピーしておきます。 
  • Googleスプレッドシートの共有設定で、先ほどコピーしたemailと共有する。

f:id:watasihasitujidesu:20160814131317p:plain

5. Re:dashでDataSourceを追加 Re:dash側でデータソースを追加します。
typeはGoogleSpreadSheetを選択し、API Keyを取得する際にDLしてきたjsonをファイル選択して、作成します。

f:id:watasihasitujidesu:20160814131333p:plain

6. クエリ作成 クエリ作成は少し、注意する必要があります。
取り込みたいGoogleスプレッドシートのURLが
https://docs.google.com/spreadsheets/d/10fdasFMDSjige4dfsaOMGF0asfmm1/edit#gid=2008635114
というURLで、左から2番目のシートを取り込みたい場合のクエリは

10fdasFMDSjige4dfsaOMGF0asfmm1|1
となります。
注意することは2つあります。
1. スプレッドシートのURLとシートの番号は|で区切る
2. シートの番号は左から0,1,2...となる。
10fdasFMDSjige4dfsaOMGF0asfmm1|1

f:id:watasihasitujidesu:20160814132025p:plain

この方法を参考に、自身のクエリを作り、実行すると、GoogleスプレッドシートのデータをRe:dashに取り込むことができます