production.log

ピクスタ株式会社でエンジニアのマネージャーをやっている星直史のブログです。

部下育成の教科書 を読みました

先のエントリの本を読み終わったあと、 もっと具体的なマネージャー / リーダー層の人物像と行動が学びたいと思ったので、 部下育成の教科書を読みました。

読み終えたあとは本内容に対しての納得感があり、これからの行動の見直しを考えなければならないと思いました。
マネージャー / リーダー層になりたて方は、読んだあと、視野が一段高くなるでしょう。

メンバーをどのように育成すれば良いのか?と考えたときに読む本

この本の対象読者はマネージャー / リーダー層なのですが、 読んでみると、ビジネスパーソンほぼ全員が読んでも問題ありません。

この本は、5部構成で書かれています。

  1. ビジネスパーソンの段階を見極めるステージという考え方について
  2. 各ステージごとに、次のステージ上がるためのプロセス説明
  3. メンバーがステージを上がるときの育成支援のポイント
  4. メンバー同士が相互に育成支援するための環境作り
  5. マネージャー自身の成長について

内容をざっくりまとめると、
メンバーのステージは下記4ステージに分けられます。

  1. スターター(いわゆる新卒)
  2. プレイヤー(一人立ち)
  3. メインプレーヤー(一人前)
  4. リーディングプレーヤー(主力)

また、移行プロセスなどについても各ステージごとに書かれています。

  • 判断指標
  • このステージに移行するときのサイン
  • 移行までのプロセス
  • このステージでの伸ばす / 抑えるべき意識・行動

マネージャー / リーダー層にとっては、自分の周りのメンバーがどのステージにいて、何を伸ばし / 抑えれば次のステージにあがれるかについて、考えられるようになれるでしょう。
もし読者の方が評価面談を任せられている場合には、この本を参考にして、メンバーの道標を示すことができるでしょう。

また、冒頭で

読んでみると、ビジネスパーソンほぼ全員が読んでも問題ありません。

と書いたのは、メンバー自身もこの本を読んだあとに、
自分自身のステージの確認(認識)と、どのような行動をすれば次のステージにあがれるか?
について考えることができるのではないかと思うからです。

また、どの組織、業界においても、ステージは一つずつ上がっていくものだと、書いてあります。
成長速度(出世)が早い人は、各ステージへの入り口を素早く察知し、
行動の切り替えをうまくできる人なのだと学べます。

明日から自分はどのような行動をすれば良い?

この本を読んだだけでは、自分の立ち位置についての認識と、次のステージまでの道のりの確認が済んだだけです。
具体的に何をすれば良いのかが頭に描けたのであれば、実際に行動するのが吉です。

興味があってスイスイ読み進められたのもありますが、4~5時間くらいでサクッと読めます。

社会人であれば一読することをおすすめします。