読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

production.log

ピクスタ株式会社でエンジニアのマネージャーをやっている星直史のブログです。

自前で立てたRedash(0.12.0+b2449)を最新1.0.3にupgradeする方法

概要 Redashが0.12.0の時に、AWS AMIから立ち上げたのですが、 この度、メジャーバージョンアップしたので、手動でupgradeした時のメモです。 手順もなにも、ドキュメントがあるのでその通りにやるだけですが、 コマンド実行する際に設定を変更する必要があ…

【ServerlessFramework】DynamoDB Streamsでデータの更新をトリガーにLambdaを動かす方法。

概要 表題の通り、DynamoDB Streamsでデータの更新をトリガーにLambdaを動かす方法について説明します。 AWSマネジメントコンソール上でのDynamoDB Streamsの有効化 まず、AWSマネジメントコンソールでStreamsを有効化する必要があります。 DynamoDB > Table…

【ServerlessFramework】S3のオブジェクト格納をトリガーにLambdaを動かす方法

概要 S3に何かしらのオブジェクトを配置したことをトリガーにLambdaを動かす設定について紹介します。 runtimeはnode.jsです。 lambdaの処理を書く lambdaにはトリガーが正常に動いていることだけを確認すれば良いので、 console.log("hello")とだけ書いてお…

【ServerlessFramework】AWS LambdaとCognitoで作るセキュアなS3へのオブジェクト格納

概要 ユーザーがアップロードした画像データをS3に保存するケースにおいて Serverless Frameworkを使用して、AWS API Gateway 経由しLambdaで処理をするときに、 Cognitoで認証したユーザーのIAMをSTSを使用してS3にPUTするときの説明です。 今日は上記の図…

Serverless Framework 1.10.2でAWS IAM変数(${cognito-identity.amazonaws.com:sub})を使用する場合の設定

概要 標題の通りですが、Serverless Framework 1.10.2において、serverless.ymlにAWS IAM変数(${cognito-identity.amazonaws.com:sub}など)を使用する場合、 フレームワークの挙動として${文字列}の値を設定した変数に置き換えようとする動きをするので、そ…

@t_wada さんの「Mac の開発環境構築を自動化する (2015 年初旬編)」をAnsible ベストプラクティスに則り書き換えてみた

Ansibleでmacの環境構築する際、t-wada さんの「Mac の開発環境構築を自動化する (2015 年初旬編)」を参考したのですが、Ansible Best Practicesに沿っていなかったので、書き直してみました。

homebrewでinstallしたcurlがbrew cask install時のTLS1.2ではOSX標準のcurlが邪魔をしてうまく反映されなかった時の対処法

概要 homebrewでinstallしたTLS 1.2 接続できるcurlがbrew installでTLS1.2接続しなければならないパッケージのinstall時に、OSX標準のcurlを見に行ってしまい、うまくinstallできなかったので、その対処方法を書きます。 具体的には、brew cask install sou…

homebrewでinstlalしたOpenSSLが反映されず、OSX標準のOpenSSLが使用されてしまう場合の対象方法

概要 OSX標準のOpenSSLが古く、tls1.2で通信できず、curlが失敗する事案が発生してしまいました。 対処方法を調べても、 `brew update brew upgrade openssl brew link openssl --force で治りました^^ という記事が多かったのですが、上記の対応でもopens…

Re:dashのインストールから定期実行までの手順と使用感のまとめ

前回までの記事でWebサービスのデータ解析をする上で必要なデータソースから取り込む手順を書きました。今回は、それを定期的に実行する設定の手順と使用感などをまとめます。

Googleスプレッドシートの値をRe:dashに取り込む

Re:dashではDataSourceにGoogleスプレッドシートを指定することができます。Googleスプレッドシートからデータを取り込む場合、GoogleAPIConsoleからAPI Keyを発行するなど、手順が多かったので、今回の記事でまとめようと思います。

Re:dashでデータソースとしてMysqlを追加する

前回の記事でRe:dashを使えるようにしましたので、今回はDataSourceとしてMysqlを追加してみます。

データ可視化, 共有プラットフォームとして人気のRe:dashをAWS EC2で試してみるまでの手順

うちの会社では社内のユーザーがMysqlのデータから何らかの数値をグラフで確認する画面やGoogle Analyticsの数値をGoogle スプレッドシートに貼り付けてグラフ化するということが数多くあります。正直Railsで実装するとなると、viewまで書かなければならなく…

Amazon CloudSearch における適切なスケーリングオプション(Scaling Options)を紹介します

概要 Amazon CloudSearch における適切なスケーリングオプションの設定を紹介します。 設定できる項目は下記の通りです。 インスタンスタイプ レプリケーション数 パーティション数 以下、公式ドキュメントより引用 ドメインのスケーリングオプションを設定…

Apache バーチャルホストの設定で2つのサイトを1つのVPSにまとめた

2つサイトを運営していますが、インフラ構成が VPS2台・・・・・・4,500円 / 月 DBサーバ1台・・・1,500円 / 月 月額6,000円と、薄給のボクにとっては結構痛いので、VPS1台にMysqlを入れて、DBサーバーを解約 && 2つのサイトを1つのVPSにまとめることにしま…

passengerを入れてみた

passengerの設定もしたし、Railsアプリも配備したし、さぁ動かそーと思ったら謎のエラー。 原因はGemfileに gem 'debugger'と記述してたからでした・・・。

AWS EC2 on Passenger on Rails passengerのインストール

参考サイトはこちら http://d.hatena.ne.jp/the_yokochi/20110510/1305006302 http://d.hatena.ne.jp/hachiilcane/20111110/1320936096 http://blog.livedoor.jp/kaznobster/archives/1158745.html詰まったところと言えば/etc/httpd/conf.d/passenger.confを…

AWS EC2にRailsをインストールする方法

How-to install Ruby and Rails on a Amazon EC2 Server | www.definenull.comここで全てが解決。ハマった所と言えば、 # gem install rails ERROR: While executing gem ... (Gem::RemoteSourceException) HTTP Response 302 こんなエラーが出ちゃってしま…